記事一覧

複雑機構をポップに表現した、茶目っ気あふれるタイムピース

ルイヴィトン スーパーコピーの謎めいたキャラクターである「ヴィヴィエンヌ」が初めて登場したのは、2017年のことである。以来、オブジェやアクセサリー、レザーグッズなど、さまざまなデザインとなってコレクションを彩ってきた。

ルイ・ヴィトンの謎めいたキャラクターである「ヴィヴィエンヌ」が初めて登場したのは、2017年のことである。以来、オブジェやアクセサリー、レザーグッズなど、さまざまなデザインとなってコレクションを彩ってきた。

2021年の新作の中では、世界中で旅を楽しむヴィヴィエンヌというコンセプトで日本にも訪れていたと思われるデザインのものがあった。公式ラインのスタンプなどにも登場し、すっかりメゾンの顔とも言える存在になった。腕時計としては「タンブール スピン・タイム エアー ヴィヴィエンヌ」や、「ヴィヴィエンヌ ビジュ シークレット」のモチーフとして登場している。

今回発表されたの新作では、最もラグジュアリーなヴィヴィエンヌの姿を見ることができる。時刻を確認するたびに姿を変えるダイアルにはジャンピングアワーの機構が隠されている。

ピンクゴールドのモデルでは、無数の星空が散りばめられた夜空を思わせるダークブルーのアベンチュリン製ダイアルを背景に、ヴィヴィエンヌが占い師に扮している。瞳の部分はブラックダイヤモンドになっており、指先の近くではふたつの小窓に仕掛けが施されている。

またイエローゴールドのモデルではカジノのディーラーに扮している。瞳の部分はグリーンツァボライト、特筆すべきはカジノテーブルのグリーンを表した鉱物スカルンがダイアルに使用されていることである。カジノチップを模したカラフルなフレームを纏ったダイヤモンドの装飾がよりカジノの雰囲気を表現している。

ヴィヴィエンヌがサーカスの曲芸師の衣装をまとったホワイトゴールドのモデルは、マザー・オブ・パール製のダイアルが採用されている。虹色の柔らかな輝きでヴィヴィエンヌの衣装を引き立てる。

なお、いずれのモデルもジュネーブに構えるメゾンのウォッチメイキングアトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」によって、すべて考案・生産された自社製ムーブメント、Cal.LV180を搭載している。


【関連記事】:スーパーコピー 買ってみた

コメント一覧

ヴァンクリーフ激安 URL 2022年04月14日(木)13時30分 編集・削除

なぜ、ヴァン クリーフ&アーペルのジュエリーに憧れ、惹きつけられるのか。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー